認定注入指導医のいる、美容クリニックをお勧めします

切らないたるみ治療

注射器

メスを利用しない安全なたるみ治療

年齢と共に肌に表情じわが目立つようになってきたと悩んでいる方は多く、目尻や眉間、額の横じわなど人によって表情じわが目立つ部位は異なります。そもそもこういったしわのトラブルが起こる原因として、加齢に伴い肌の潤いや弾力が失われると、表情が変化した時に顔の筋肉を動かすことが原因で生じる表情じわが刻まれやすくなる特徴を持ちます。こういった症状は加齢だからと諦めてしまう方も多いですが、ボトックス品川の注射を受けることによって対処する方法が人気になっています。ボトックス品川は表情じわの原因となる表情筋の収縮を和らげながら、眉間の縦じわや額の横じわ、目尻のしわなどを目立たなくする効果があり、天然のたんぱく質から出来た毒素を分解、生成した製剤を注射します。しわ改善に限らず小顔治療や多汗症の治療など幅広く使用されていることや、メスなどを一切使用しないので切らないたるみ治療として人気が高くなっています。ボトックス注射は筋肉の働きを抑える作用をもっているので、しわの目立つ部位に使用すれば症状の改善や、将来的に刻まれていくしわの予防にも役立ちます。ただ製剤の作用として、脱力感や筋力低下、めまいや視力低下といった副作用が起こる可能性があるので、日頃から車の運転をする方は治療当日の運転は避けることが大切です。

ボトックス品川で使用するボトックス製剤は、神経の末端伝達を阻害し、筋肉を弛緩させたり発汗を抑える作用を持っているので、眉間や額、目尻に表情じわがある方に対して部分的に注射することで、深く刻まれたしわを改善しきれいな状態に整えると同時に、定期的に治療を継続すればこれから出来てしまう表情じわも予防する効果が期待できるとして、定期的にボトックス品川で注射を受ける方が増えてきています。またこの治療方法は、筋肉を弛緩させる作用を持っていることから噛み締め癖が付いている方に起こりやすい顔のエラ張りの改善にも活用できます。エラ張りが目立つ人の特徴として、骨が張っている場合とエラの部位にあう咬筋が肥大していることが原因です。歯ぎしりや食いしばりが続くことで咬筋が発達しすぎてしまい肥大してしまう場合にこの治療が効果的です。肥大した筋肉に直接ボトックス注射を行えば、常に緊張状態だった咬筋が弛緩し盛り上がりを軽減させることができます。同時に歯ぎしりや食いしばりも改善するので、自然に小顔効果を得られます。ダウンタイムは最小限だといわれていますが、製剤の特徴の一つにまぶたの下がりや局所的な痛み、皮膚のつっぱりや筋肉の脱力感などが挙げられるので、治療後の自動車の運転は危険です。普段運転をして来院しているという方は治療当日は他の移動方法を利用するようにしましょう。

Copyright© 2020 認定注入指導医のいる、美容クリニックをお勧めします All Rights Reserved.